スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

カテゴリ:ロードバイク( 203 )

まだまだじゃないよ。

宮島トライアスロンまで、まだまだ時間があると思っていたら、もう2週間後になってしまいました。
昨日の練習会も宮トラコース試走になりました。
a0112672_15142110.jpga0112672_15144158.jpg















その前に、ビブが出来上がりました。発注を取り仕切っていたものの特権で皆より1日早く手に入れることができ、昨日は早速はいていきました。
こんな感じです。モデルが悪いのはご了承ください。

さて、宮トラの試走ですが、本番のように走ろうと言うことで、基本的に休憩なし、時間差でスタートし、ゴール付近で落ち合うようにしようと言うことになりました。
目算では、速い人と、遅い人では30分は差が付くことが予想されたので、自己申告を元に最初の組がスタートしていきました。
私はと言うと、ゆっくりスタートしようと思っていましたが、10分ぐらい経ったあとに果てしない差があるように感じたので出て行くことにしました。途中で、S広さんに会い、あとで聞くとご一緒する予定だったようですが、道を間違えて、ショートカットしてしまい誰にも合わずにゴールされてました。次回は一緒に走りたいですね。

この日は前回の反省からゆっくりめに入り、あとでペースをあげようと思っていましたが、5分後にスタートしたエース君が妹背の途中で早くも追いついてきたので、ペースアップ、結果、下りでも平地でも離されてしまい、ほぼ一人旅でした。

結果は前回よりは良かったものの、満足行く結果ではありませんでした。本番までに体重はあと3キロは落としたいです。調整が遅れています。最近取材続きで暴飲暴食が続いているのも原因でしょうが、まだまだ取材は続いていきます。ちょっとやばいです。
あと、サドルを変えてから数ミリサドルが高くなったのが原因か、腰が痛くなるので久しぶりにカーボンサドルに戻すことにします。
今日、少しだけ乗ってみましたが、このサドルは拷問です。
a0112672_1526142.jpg


エース君はなかなか仕上がりがいいようですごいタイムで走ってました。キャプテンもまずまず、若者は自分なりに課題を見つけたようです。
帰りは前回寄った、ドライブイン山水でご飯を食べて帰りました。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-06-19 15:30 | ロードバイク

宮トラ試走(一人きり)

先週、試走にいけなかったので今日は無理やり休みを取って試走に行ってきました。a0112672_152058.jpg
結論から言うとダメダメでした。浅原辺りまでは、まあまあでしたが、そこからは腰が痛くてダンシングしないようなところもダンシングしないと登れませんでした。
最悪の状態だったと思うので、これで完走できたことで良しとしましょう。
それにしても辛かった。
所山での登りは若干ハンガーノック気味で力が出なかったので補給が必要なことがわかったことも収穫でした到着すると七夕飾りのために短冊があったので願い事を書いておきました。




そして帰りにドライブイン山水と言うところでご飯を食べました。スパ羅漢から少し下ったところです。
a0112672_1542167.jpg
a0112672_1543522.jpg
親子丼600円でした。私の格好を見てトライアスロンの選手か?といろいろ聞かれ、奥で休んでいってもいいと親切に言って頂きました。その後コーヒーもサービスしてくれるし、飴やチョコレートを持たそうとしてくれたりいい方達でした。
最後は、頑張ってくださいと拍手までされ少し恥ずかしかったです。

タイムは悪かったものの出し切った感はあったのでゆっくり帰っていると、渡ノ瀬からのダムの登りで女性に抜かれてしまいました。抜かれてからはずっと後ろに付いて行っていたので気持ち悪かったと思います。悪いことをしました。少しお話をするとトライアスロンに出られる方でクルクルクルクルケイデンス高い走りでたいしたものでした。最後にチーム名を聞かれたのでチーム名と名前を告げると、私の存在は知っているとの事でした。悪いことはできませんね。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-06-15 15:14 | ロードバイク

今期初試走

昨日の練習会は宮島トライアスロンのコースでした。
大会まであと1ヶ月となりましたが、まだ一度も試走していませんでした。そういえば、正式にリレーで出ることが決定しました。一昨年前と同じteamTOMを再結成です。(T田@さんとM中さんと出場します。)
今回は楽しんでいきましょうとリーダーのT田@さんから言われていたので少し甘えが出てたんでしょうね。

そんなわけで少しあせりを感じていたところに、練習会が宮島トライアスロンコースになり渡りに船です。
今回も10数名での練習となりました。見送りに着てくれる方あり、途中合流の方ありでした。

気心知れた中なのでたいしたミーティングもなくいつものようにスタートします。何事もなく妹背神社まで行きここからは走りたい方がペースアップ。キャプテン他は見えなくなってしまいました。
私はエース君と一緒に上ります。一緒に走りたいのでがんばって付いていきますがキツイです。余裕を見せてもらったのか一緒に上りきれました。2年前ではとっくに置いていかれているはずなので少しうれしいです。

最初の休憩地点のファミリーマート手前では、hyoudou君がなぜかアタック!私もなぜか反応してしまい足が売り切れました。
ここから浅原まではトライアスロンの練習なのになぜか高速ローテとなってしまい、坂に入ってからはまた思い思いのペースで上っていきます。
この辺からずっと私達のペースにあわせて走る車がおり、その時は気持ち悪いな~と思っていましたが、後で分かったことですが、大会関係者がコース案内ビデオを撮影していたようです。皆写ってますよ。

所山からの本格的な登りは、キツイ、もうダメ、休憩しようと思うことばかりで頂上に着いたときはもう二度ときたくないと思ってしまいました。本番だと精神的にさらにきついでしょうから少し憂鬱になります。
それでも到着してみると一昨年のタイムより良かったので少し安心しました。

ここからの帰りはエース君とhyoudou君と楽しんで走り、小瀬川温泉で皆でうどんを食べて帰りました。ここのうどんはつるっとした感じで、個人的には好きな感じです。宮島トライアスロンコースの練習の際はまた寄りたいです。

a0112672_20105563.jpgショップに無事帰還し、少しダベリングをしているとBigさん登場でさらに一緒に帰りました。背中にプレッシャーを感じていたので無い足なりに頑張って帰ったら、家に着くともう何も残っていませんでした。

それにしても暑かったですね。そろそろ例のグッズが必要になってきました。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-06-05 19:51 | ロードバイク

サドル

新しくサドルを導入しました。
a0112672_15951100.jpg
後ろに見えるのはH村さんから譲ってもらったものです。

手前のカーボンサドルは以前からあったカーボンサドルを塗装しました。
70点ぐらいの出来栄えです。
色がはがれないかが心配です。
[PR]
by pinacooper | 2011-06-01 15:06 | ロードバイク

2度も!

昨日は広島県サイクルロードレース大会でした。
今回はチームTTと未登録者レース部門のスポーツに参加してきました。
チームTTはアダッチさんとhyoudou君と藤さんの4人で練習は前回の練習会の一回のみ(それもアダッチさんを除く)での本番でしたが、ひそかに優勝を狙ってました。チーム員にはプレッシャーをかける意味もあって優勝しようと言っての参加でした。プレッシャーがかかった状態で勝ってこその強さだと思うので、必要以上のプレッシャーをかけておきました。

予定通り皆集合し、アップを兼ねた試走をしますが、どうもこの日は坂に差し掛かると皆に着いていくのがきついです。朝、自転車を積むときに少しぎっくり腰気味になったせいでしょうか?そうは言っても抜けるわけには行かないので、本番になったらアドレナリンが出て痛みを感じなくなることを祈ってのスタートです。

スタート順は4番目で20秒間隔での出発します。今回は前回のきらら浜サイクルミーティングの反省もあり、声をしっかり掛けながらまずまずの感じで廻していけました。1周目の最終コーナーの狭いところで前走の組に追いつき2チームがぎりぎりで上っていくことになったので減速はやむを得ない状態でしたが、接触しなくてよかったです。
a0112672_1285055.jpg

2周目に入り、順調に走行していると裏の下り手前で、藤さんが遅れ気味になり、待つか?切り離すか?と決断に迫られました。アダッチさんと話して、切り離すことを選択。ここまで藤さんいい働きでした。
これからは、もう3人で生還するしかありません。走行していると、前々組に最終コーナー前のS字コーナーで追いつき、高速コーナーなのに2チーム併走となり少し怖い思いをしましたが、無事脱出できました。
最終周は我慢、我慢の連続で声を掛け合いながら無事帰って来れました。最後のストレートはdaddyさんがアドバイスをくれたので少しだけいい感じでゴールできました。

さて、結果は3位でした。今季初の表彰台でひとまずの結果が出たのはうれしいですが、優勝したかったです。1位のNOKOチームとは12秒差で、前回のきららよりは差が縮まっていたので、納得すべき結果でしょうね。

そして、その後aburanoさんの応援をしたりしながら、楽しんだあとは、個人のスポーツの部のレースです。
チームTTに賭けていたので、それなりに走って良いところにいるようだったらその時に考えようぐらいの軽い気持ちで出走したので、プレッシャーはありませんでした。

20数名のレースですが、NOKOのジャージを着た方が多く、どこを見ても黄色が視界に入ります。NOKOのメンバーでレースをコントロールするのかな?と思っていましたが、そうでもないようで個人個人思い思いにレースに挑んでいるようでした。
最初の周はモチベーションの低さと落車も怖かったので、後ろ気味に少し離れて通過、そこから徐々に上げていきます。
集団の中で走っていると私の速いところが分かってきました。ホームストレートの下り後の切り返しの登りと最終コーナーです。なのでホームストレートの高速の下りはあまりつかず安全第一で進行できました。
レースも中盤に差し掛かると単発のアタックはあるものの、逃げが出来るほどではなくだいぶ落ち着いてきました。この頃私は自分に余裕を感じれたので、本気でレースに集中することにしました。
そうなると、前を引かないわけにも行かないので前に出たり、アタックを他のチームの方と追走したりして皆の様子を見てました。
途中で、いったい何周走るのか?分からない自分に気がついたのでゴール地点を見てみると残り周回数が書いてあるボードがありました。その時、あと2周を表示していたので、このまま最終周に入ることを望んでました。
思惑通り最終周に入り、ここからはどこで仕掛けるか?得意なところで仕掛けるのが定石かと思ったので、高速の下り後の登りで仕掛けようかと考えましたが、ここで仕掛けると残りの距離から逃げ切れそうにないので止め、最終コーナーに賭けることにしました。
ただ、その後の登りを考えるときつく、スプリント勝負になるとここを先頭で行くにはリスクがあると思いましたが、仕掛けないで負けるよりはましと思い、決断しました。
いい感じで思い通りに進み、最終コーナーの前では先頭に立てました。と思ったら、私の右後ろで落車が発生しました。「落車!」と言う叫び声とすごい音がしましたが、振り向かず突き進むと坂を上りきった頃には独走になってました。
ここからの残りは足がなくきついだけですが踏むのみ!後ろは集団なので追いつかれる恐怖心と戦って踏むのみ!残り50メートルで勝利を確信できました。
棚からぼたもちみたいな優勝でしたが、素直にうれしいです。一番高いところから眺める景色は格別でした。

表彰式が終わってからは速攻で帰り、皆との飲み会でした。
うれしい飲み会で楽しかったのは言うまでもありません。

今回も応援に来てくれたチーム員や家族、そして大会関係者には感謝です。
ありがとうございました。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-23 12:53 | ロードバイク
つづきです。

まずは、分かるにくい表現があるようなので解説から
私の言う隣町のチームとはHRTです。国東とかでも目立っていて、そして皆さん強くあこがれているチームです。

本編
そして、序盤はなかなか集団が落ち着かず、所々で掛け合いがありました。
そんな中、中盤に入ろうかというときにバックストレートの細くなる部分で、落車発生です。私の左目の前で起きました。何とか避けれたものの、それを見たhyoudou君が少し気持ちが切れかかっていました。
いつも一緒に走っているからか分かりませんが、それに気づいたので励ますと、モチベーションも回復したようでした。

先手を取るつもりが、結果的に隣町のチームの波状アタックや、その他一人で参戦し虎視眈々と狙っているライダーのアタックで結局終盤まで集団は落ち着きませんでした。

こうなると最終周のどこで動くか?を考えながらポジション取りをして周りを伺います。皆考えることは同じなのか、ホームストレート前の短いストレートでペースアップ。この時点で隣町のチームの選手が一人抜け出ていました。(これはもう追いつけない所まで行ってしまいました)優勝はなくなったので一つでも順位を上に上げるべく、私もここで前に出ようと思って一人選手を左側から交わすと隣町のチームの選手二人目が右側から私よりももっと速いペースで交わしていきました。同じ側から抜かれていれば、反応も出来たかもしれませんがドラフティング出来る位置関係でもなく、あっさりいかれてしまいました。
a0112672_18362025.jpg
写真はI田さん撮影 某選手にあっさりかわされる前です。
もう少し前まで行きたかったのですが、最終ストレートの前では6番手、目の前の選手は足が終わったように見えたのでこれは抜けると思っていると、その選手が最終コーナーで私の目の前で落車!何とかかわせたもの間その前の選手に追いつくほどの差でもなく、後ろにも追いつかれなさそうなので流してゴ~ル!
結果5位でした。

皆の頑張りもあったので表彰台に乗りたかったですね。
それにしても、今回はレースを動かしてみているつもりが結局隣町のチームにコントロールされてました・・・。
彼らは実力も経験も1枚も2枚も上でした。
そのチームは1,2フィニッシュ!おめでとうございます。
表彰台の横で私達は彼らを指をくわえて眺めるだけでした。悔しいです。

まあ、チーム員と臨んだ初レースは熱気や緊張感を共有して面白いレースでした。
優勝チームから一言「誰がエースか分かりませんでした。」と。そうなんです、私達ですらエースが誰か分からない状態で走っていたんです。結果すこしは隣町のチームを惑わすことが出来たのかもしれませんね。

レースって面白いですね。

そういえば、一緒に出場した藤さんの話題が一度も出てきませんでしたね。
彼は、この20キロのレースでシフトを3回しか変えなかったらしいです!新たな伝説をきらら浜に残しました。
a0112672_18394424.jpg
写真はI田さん撮影

そのあとは皆で火照った体を冷やすべく、いまや部室状態のEgg Pastaへ行きお茶をして帰りました。
a0112672_11141240.jpg
プリンを食べるキャプテンです。

大会関係者の皆さん、応援に来てくれたメンバーをはじめ皆さんに感謝。
次は5月22日に行われる県ロードのチームTTです。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-09 11:16 | ロードバイク
GWの最後にしてメインイベントのきらら浜サイクルミーティングがありました。
今回はアダッチさんとhyoudou君と藤さんの4人で出場です。
まずはうれしいことから。
2ヶ月ぶりにポパイさんにお会いしました。怪我の直りが遅れているようですが、レースに出られるらしいです。がんばってといいましたが、考え直すと頑張って危険なことがあってはまずいので頑張らないでとお伝えしてレースに行く姿を見届けました。でも元気そうでほっとしました。
a0112672_1936125.jpg
エリートのスタート風景です。
次にTeam NGからビッグさんがスポーツとマスターズに出場です。どちらも男前の走りで4位でした。

そして、1時45分に私達のエキスパートのクラスのスタートになりました。注意すべきは隣町のチームだと思っていました。
そして、スタートです。
ファーストアタックはアダッチさんが行くといっていたので、そんなに簡単にいけないと思っていましたが、まずは決まりました。これを決めた時点で骨は拾う走りをするのみです。初めて出場したのに物怖じせず飛び出せたことに私達も自信をもらえました。
アダッチさんが吸収されたところで今度は私がカウンターアタック(本心は逃げるつもりなし)。これをやったことにより誰が反応してくるか様子を見ました。
やっぱり隣町のチームがレースを作っていることを確信しました。

続く。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-08 19:46 | ロードバイク
今年の国東は例年と違うところがちらほらあります。
スタートとゴール地点の違いとタイム計測なしです。
タイム計測がなく何時間以内にゴールといった目標が立てられないので、お昼ご飯のエイド地点までは大人数の練習会と思って思い思いのペースで走って、そこからはチーム員皆で帰ることにしました。
もちろん、個人の自由ですからどう走ってもいいのですが、皆に話すと異論はないようです。
カナモリーニさんは「絆プロジェクトじゃな」と言ってました。
a0112672_9501211.jpg
スタートはゼッッケン順に三分割されており皆ばらばらでしたが、レースではないので最後のスタートで皆一緒にスタートすることにしました。まあ、前の組でもそこまでたどり着けないぐらい人が多すぎでした。

そして、9:30にスタートです。
バイクペーサーを先頭に約500人が進んでいきます。レースではなくてもやっぱり速く走りたいのでどんどん前方に行っています。
そして最初の峠では気づくと先頭集団に居ました。
周りを見渡しても前回ほどすごい速い方は居ないようで、まだまだ余裕あるペースです。
そうこうしていると、流れで先頭になったので練習会のように走ると、いつもの練習会のように後ろはhyoudou君、藤さんで、その後ろは若干差が出来ていましたので、このまま撮影のポイントまで行ったら写真写りが逃げているようでかっこいいとか考えながら進んで行ってました。
その後、集団が追いついてきたのですが、山になるとなぜかアタックして吸収される人が現れたりしました。どうもhyoudou君はうずうずしているようですが、先は長いので放っておこうと諭しながらそのままいい感じのペースを刻み序盤の山をクリアしました。
平坦路に入ってからは、これまたいつもの感じでhyoudou君と進むと誰もついてこないので、そのまま行くと信号で止まるとまた集団が大きくなり、もう少しペースを落としてじっくり行くことにしました。

レースではなくても自転車乗りである程度速く走りたい方は先頭の辛さが分かると思うので自然と先頭交代が出来上がるものだと思っていましたが、今回は半分ぐらいが私とhyoudou君の先頭固定でしたね。促すようにペースを落としたり、道を明けてもまともに引いてくれた方は3,4名でした。
まあ、レースではないので練習だと思えばそれも楽しい思い出です。

第一エイドに行く途中では、前の組で出発した方がどんどん現れるようになり、エイドに入るとどれが先頭かも分からなくなりました。
a0112672_10122817.jpg
エイドでjyunさん発見。マイペースで進むとの事でまだまだ余裕ありそうです。

この頃から、前にも後ろにもサイクリストだらけで、私達もアドレナリンが出ることもなくマイペースでたいしたドラマはありませんでした。でもどうも腰が痛いのが気になっています。

無事、お昼ご飯のある第4エイドに到着し、おいしいお昼ご飯をいただきました。今年はイチゴが1個ではありませんでした。そして、続々と皆到着し、全員で安全な列車を作り帰還です。
I田さん(奥さん)を先頭にしましたが、坂道でいいペースで走るので体が冷えていることもありきついです・・・。奥さん坂強いです。
第4エイドの閉門ぐらいに出発したのですが、この時間帯のサイクリストは乗りなれてないこともあるのでしょう、ふらふらしたり、急に止まったり危険です。
そういう意味もあってhyoudou君をエチケットリーダーに声をかけながら平和なサイクリングで進んでいます。

順調だったのは束の間で、雨が降り始めました。止んでくれと思っていましたが、本格的な降雨になりました。
こうなるとカーボンホイールのBORAはブレーキがほとんど効かないようになり、皆から10メートルぐらい間隔を置いて走るのですが、下りになるとその性能ゆえ距離が詰まってしまいます。
怖い思いと雨による体の冷えで、苦行でした。安全に帰ることの一念だけです。
そんな苦行も終わりはやってくるもので、無事にゴールできました。
ゴール地点は今までのほうがよかったです。あまりに寒すぎて記念撮影もせず車に戻るのみでした。

来年は今までのように住吉浜リゾートパークの発着にして欲しいです。
まあ、終わってみるとこれも楽しかったです。絆プロジェクトの名の通り絆が深まったライドでした。

その後はラーメンを食べに行き解散。無事皆帰ってきました。

次は8日のきらら浜サイクルミーティング!

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-06 10:32 | ロードバイク
5月3日はツール・ド・国東に行ってきました。
今年は2日が平日ということもあり、参加人数は少し少なかったですが、楽しい旅となりました。
今回は平日の移動だからか、道もまったく渋滞せず、1時に昨年来の目的にしていた道の駅くにさきで太刀重を食べることが出来ました。
a0112672_170538.jpg
900円でした。
お腹が減りすぎて、注文を聞かれると「太刀重」としか言えず、ドラゴンさんたちが注文した刺身や天婦羅がついた御膳は眼に入りませんでした。大盛りにも出来たらしいのですが、それも言えず、ちょっと心残りです。おいしかったですよ。

今回はなかなか順調です。宿の近くのレストランも予約でき、受付会場に行くとI田さん夫妻と合流でき、一緒に城下町を散策、お茶をしました。
a0112672_1752356.jpg
こんなところです。昨年はここに来てなかったのではじめてでしたが、なかなかいい町です。

そして、杵築城を見ようと更に歩を進めましたが、管理人さんに閉門宣言され、脚きりとなりました。コーヒーブレークが長すぎましたね。
a0112672_1782995.jpg


そして、住吉浜リゾートパークに帰ってから海鮮焼きを食べに行き、しこたまビールを飲んで、藤さんの到着(12時30分ぐらい)を待って更に少し飲みなおし、就寝となりました。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-05 17:12 | ロードバイク

一人練習会とリベンジ

昨日は生憎の雨だったので練習会は中止。昼から天気は回復するとの予報で、秋掛のコースは今年は一度もいけておらず、なんとしても行きたいので、一人、練習会コースの100キロに行ってきました。
行きがけにショップによると、hyoudou君やhondyさん、アダッチさんがいたのでダベリング、hyoudou君の自転車のバーテープ巻きをしていてただでさえ遅い出発が更に遅くなりました。
そして、いつものお好み焼きを食べに行き、スタートは昼過ぎになりました。

この日の目標はAv30キロを超すことと、秋掛のTTをすることの2点です。スタート直後からはお好み焼きが戻ってきそうで気持ち悪いながらも進み、秋掛TTでは、向かい風だったのでタイムは期待できないことも分かっていたのですが、一度決めたことを完遂するのみです。
a0112672_751385.jpg
秋掛の証拠写真です。31分をわずかに超えてしまいました。ベストタイムより3分以上遅いですが、ヘロヘロになりました。
昨日は風が強く、風に翻弄されながら、もくもくとトレーニングと思いペダルを廻し続け、結果アベレージは31.4キロでした。
目標達成でうれしかったです。そして、秋掛にいけないというジンクスも破られました。
途中、ムロイさんが野呂山に向けて山錬かねて元気に走ってられました。

帰ってからは、リベンジです。
何のリベンジかというとカルボナーラです。水曜日に食べたカルボナーラの麺が延びていて、今一歩だったので自分で作ってみることにしました。
a0112672_756473.jpg
カルボナーラとキャベツと鶏肉他の名前は分からない蒸し焼きの料理です。
自分で言うのも変ですが、おいしかったです。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-04-24 07:57 | ロードバイク