スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

ツール・ド・国東 応援編

今回のツール・ド・国東は家族を連れて行きました。
そこで第3エイド付近で応援していたのですが、その声を紹介します。
私を含め、沿道の声援は嬉しいものだったと思います。

余談ですが、私が通ったとき家族は飛び跳ねて喜んでいました。

そんな中で声援を受ける側(自転車に乗っている方)の反応がとても面白かったと言っておりました。
大体、7割ぐらいの方が手を振ったり、お辞儀したり、笑顔で応えたり、中には手と手のタッチをした方も数名あったようです。
その他としては、シャイな方なのだと思うのですが、あえて、よそを向く人や、中には一生懸命すぎて気づかない人もあったようです。
一瞬でかなり人間性が出るようです。

2時間くらい応援していたらしいのですが、見ていて飽きることは無かったようです。
とても、楽しかったらしく今度は自分も出たいと言い出したほどです。

こういうイベントを楽しくするのは参加者、大会関係者だけでなく、応援する人が花を添えると思います。
自分との戦いという側面もあるとは思いますが、声援に応えることが出来るぐらいの余裕を持ったほうがより楽しいイベントになると思いました。
[PR]
by pinacooper | 2009-05-10 12:43 | ロードバイク