スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

ほろにがイベントデビュー ツール・ド・国東 その2(序盤戦)

昨日は、やってきましたツール・ド・国東の日です。
160キロの部に出たのですが、案内にはこれはレースではありませんとかトレイン禁止とか書いてあるので、やっぱりレースではないんだと思っていました。
しかし、ローディーが集れば自然とボルテージは上がり、もちろん同じぐらいの実力の人で先頭交代しながら進んでいきます。

やっぱり、レースだ!

そして、スタートです。1000人以上がクリートをはめる音は、ゾクッ!としました。

私のスタートは中盤よりやや前でしたが、すでにその前は200人以上は軽くいます。
一般道に出てから、早い大学生と一緒に上を目指します。でも見通しの良い所でも前は1キロぐらい先?見えません。その辺にO田さんやN田さんが居るはずです。

大学生と他の数人とどんどん前に上がっていきます。スタート位置の関係上、抑えて行くことは出来ず、行ける所まで行ってやれの気分です。
走行していると、スポーツサイクル ウエキのジャージを着た人を見かけるようになり、お声を一言かけてまた進みます。O田さんとN田さんは一緒に走っておられると思っていたのでO田さんを見かけたときはN田さんは?と思いましたが、さらに前のようです。

そして、熊本のローディの方、大分のローディの方などとさらに前を目指します。信号にことごとく引っかかり、大分のサイクリストの方とため息です。

第3チェックインポイントを迎える手前でついに目標のN田さんに合流!

N田さんに離れないようにと言っていただき、モチベーションさらにアップ!足はけっこう使っていたのでいけるところまでと約束し、運命の第3チェックポイントを迎えました。

続く
[PR]
by pinacooper | 2009-05-04 13:14 | ロードバイク