スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

2度も!

昨日は広島県サイクルロードレース大会でした。
今回はチームTTと未登録者レース部門のスポーツに参加してきました。
チームTTはアダッチさんとhyoudou君と藤さんの4人で練習は前回の練習会の一回のみ(それもアダッチさんを除く)での本番でしたが、ひそかに優勝を狙ってました。チーム員にはプレッシャーをかける意味もあって優勝しようと言っての参加でした。プレッシャーがかかった状態で勝ってこその強さだと思うので、必要以上のプレッシャーをかけておきました。

予定通り皆集合し、アップを兼ねた試走をしますが、どうもこの日は坂に差し掛かると皆に着いていくのがきついです。朝、自転車を積むときに少しぎっくり腰気味になったせいでしょうか?そうは言っても抜けるわけには行かないので、本番になったらアドレナリンが出て痛みを感じなくなることを祈ってのスタートです。

スタート順は4番目で20秒間隔での出発します。今回は前回のきらら浜サイクルミーティングの反省もあり、声をしっかり掛けながらまずまずの感じで廻していけました。1周目の最終コーナーの狭いところで前走の組に追いつき2チームがぎりぎりで上っていくことになったので減速はやむを得ない状態でしたが、接触しなくてよかったです。
a0112672_1285055.jpg

2周目に入り、順調に走行していると裏の下り手前で、藤さんが遅れ気味になり、待つか?切り離すか?と決断に迫られました。アダッチさんと話して、切り離すことを選択。ここまで藤さんいい働きでした。
これからは、もう3人で生還するしかありません。走行していると、前々組に最終コーナー前のS字コーナーで追いつき、高速コーナーなのに2チーム併走となり少し怖い思いをしましたが、無事脱出できました。
最終周は我慢、我慢の連続で声を掛け合いながら無事帰って来れました。最後のストレートはdaddyさんがアドバイスをくれたので少しだけいい感じでゴールできました。

さて、結果は3位でした。今季初の表彰台でひとまずの結果が出たのはうれしいですが、優勝したかったです。1位のNOKOチームとは12秒差で、前回のきららよりは差が縮まっていたので、納得すべき結果でしょうね。

そして、その後aburanoさんの応援をしたりしながら、楽しんだあとは、個人のスポーツの部のレースです。
チームTTに賭けていたので、それなりに走って良いところにいるようだったらその時に考えようぐらいの軽い気持ちで出走したので、プレッシャーはありませんでした。

20数名のレースですが、NOKOのジャージを着た方が多く、どこを見ても黄色が視界に入ります。NOKOのメンバーでレースをコントロールするのかな?と思っていましたが、そうでもないようで個人個人思い思いにレースに挑んでいるようでした。
最初の周はモチベーションの低さと落車も怖かったので、後ろ気味に少し離れて通過、そこから徐々に上げていきます。
集団の中で走っていると私の速いところが分かってきました。ホームストレートの下り後の切り返しの登りと最終コーナーです。なのでホームストレートの高速の下りはあまりつかず安全第一で進行できました。
レースも中盤に差し掛かると単発のアタックはあるものの、逃げが出来るほどではなくだいぶ落ち着いてきました。この頃私は自分に余裕を感じれたので、本気でレースに集中することにしました。
そうなると、前を引かないわけにも行かないので前に出たり、アタックを他のチームの方と追走したりして皆の様子を見てました。
途中で、いったい何周走るのか?分からない自分に気がついたのでゴール地点を見てみると残り周回数が書いてあるボードがありました。その時、あと2周を表示していたので、このまま最終周に入ることを望んでました。
思惑通り最終周に入り、ここからはどこで仕掛けるか?得意なところで仕掛けるのが定石かと思ったので、高速の下り後の登りで仕掛けようかと考えましたが、ここで仕掛けると残りの距離から逃げ切れそうにないので止め、最終コーナーに賭けることにしました。
ただ、その後の登りを考えるときつく、スプリント勝負になるとここを先頭で行くにはリスクがあると思いましたが、仕掛けないで負けるよりはましと思い、決断しました。
いい感じで思い通りに進み、最終コーナーの前では先頭に立てました。と思ったら、私の右後ろで落車が発生しました。「落車!」と言う叫び声とすごい音がしましたが、振り向かず突き進むと坂を上りきった頃には独走になってました。
ここからの残りは足がなくきついだけですが踏むのみ!後ろは集団なので追いつかれる恐怖心と戦って踏むのみ!残り50メートルで勝利を確信できました。
棚からぼたもちみたいな優勝でしたが、素直にうれしいです。一番高いところから眺める景色は格別でした。

表彰式が終わってからは速攻で帰り、皆との飲み会でした。
うれしい飲み会で楽しかったのは言うまでもありません。

今回も応援に来てくれたチーム員や家族、そして大会関係者には感謝です。
ありがとうございました。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-23 12:53 | ロードバイク