スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

きらら浜サイクルミーティング5月大会 続き

つづきです。

まずは、分かるにくい表現があるようなので解説から
私の言う隣町のチームとはHRTです。国東とかでも目立っていて、そして皆さん強くあこがれているチームです。

本編
そして、序盤はなかなか集団が落ち着かず、所々で掛け合いがありました。
そんな中、中盤に入ろうかというときにバックストレートの細くなる部分で、落車発生です。私の左目の前で起きました。何とか避けれたものの、それを見たhyoudou君が少し気持ちが切れかかっていました。
いつも一緒に走っているからか分かりませんが、それに気づいたので励ますと、モチベーションも回復したようでした。

先手を取るつもりが、結果的に隣町のチームの波状アタックや、その他一人で参戦し虎視眈々と狙っているライダーのアタックで結局終盤まで集団は落ち着きませんでした。

こうなると最終周のどこで動くか?を考えながらポジション取りをして周りを伺います。皆考えることは同じなのか、ホームストレート前の短いストレートでペースアップ。この時点で隣町のチームの選手が一人抜け出ていました。(これはもう追いつけない所まで行ってしまいました)優勝はなくなったので一つでも順位を上に上げるべく、私もここで前に出ようと思って一人選手を左側から交わすと隣町のチームの選手二人目が右側から私よりももっと速いペースで交わしていきました。同じ側から抜かれていれば、反応も出来たかもしれませんがドラフティング出来る位置関係でもなく、あっさりいかれてしまいました。
a0112672_18362025.jpg
写真はI田さん撮影 某選手にあっさりかわされる前です。
もう少し前まで行きたかったのですが、最終ストレートの前では6番手、目の前の選手は足が終わったように見えたのでこれは抜けると思っていると、その選手が最終コーナーで私の目の前で落車!何とかかわせたもの間その前の選手に追いつくほどの差でもなく、後ろにも追いつかれなさそうなので流してゴ~ル!
結果5位でした。

皆の頑張りもあったので表彰台に乗りたかったですね。
それにしても、今回はレースを動かしてみているつもりが結局隣町のチームにコントロールされてました・・・。
彼らは実力も経験も1枚も2枚も上でした。
そのチームは1,2フィニッシュ!おめでとうございます。
表彰台の横で私達は彼らを指をくわえて眺めるだけでした。悔しいです。

まあ、チーム員と臨んだ初レースは熱気や緊張感を共有して面白いレースでした。
優勝チームから一言「誰がエースか分かりませんでした。」と。そうなんです、私達ですらエースが誰か分からない状態で走っていたんです。結果すこしは隣町のチームを惑わすことが出来たのかもしれませんね。

レースって面白いですね。

そういえば、一緒に出場した藤さんの話題が一度も出てきませんでしたね。
彼は、この20キロのレースでシフトを3回しか変えなかったらしいです!新たな伝説をきらら浜に残しました。
a0112672_18394424.jpg
写真はI田さん撮影

そのあとは皆で火照った体を冷やすべく、いまや部室状態のEgg Pastaへ行きお茶をして帰りました。
a0112672_11141240.jpg
プリンを食べるキャプテンです。

大会関係者の皆さん、応援に来てくれたメンバーをはじめ皆さんに感謝。
次は5月22日に行われる県ロードのチームTTです。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2011-05-09 11:16 | ロードバイク