スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

2010 日米親善 Heat the Street Duathlon大会

昨日は2010 日米親善 Heat the Street Duathlon大会でした。いわゆる岩国基地内で開催される、日米親善デュアスロン大会です。
以前、Hヤシ君とこの大会で勝負しようと約束していたので参加してきました。
が、自転車は乗っていても、走ることは練習もほとんどしていないので、ハナから勝負にならないことは分かっていました。今までの練習量は4キロのランニングを4回と散歩程度です。

会場に到着すると、多くの仲間がすでに来ていました。チームの皆と話していると、私のランは未知数なのでダメだと言っているのに誰も信じてくれません。今回は友達も連れて行っていたのですが、応援のボードまで用意してくれており、こちらにも悪いな~と思っていました。

この大会はすごくゆるい空気が流れており、スタートラインでも観客と選手が入り乱れています。
そして、スタートです。
個人の部65名、リレーの部5名が一斉にスタートします。私はマイペースを貫き完走目的なのでのんびりです。しかし、私の後ろにはほとんど人がいません。そんなにも遅いの?と思い少しばかりペースアップしましたが、集団はどんどん先に行きます。私たちのチームは私以外皆なかなかいい位置につけています。折り返してからは皆に声をかけながら進みます。でも苦行でしかありません。トランジションの近くになると練習会の仲間や友達が応援してくれるので何とか、バイクに繋げることができました。ファーストランは62位
a0112672_19183062.jpg
ここからはバイクなのでガンガン行きます。ほぼドベからのスタートだったのでバイクで同じような力の人が居らず、ペースがつかみにくく、おまけにランの影響で右足のひざ上が攣りそうです。
3周回すると聞いていたのですが、1周目のときに2周の間違いだろう?と思うほどきつかったです。
バイクラップは狙っていたので、がんばると折り返してくる先頭集団が毎周回、同じところで出会うのでほぼいいペースなのだろうとは思っていました。結果、バイクラップは4位でした。自分のサイクルコンピューターの数字が38分40秒だったのでトランジションで2分以上費やしたことになります。もう少し早くできたかもしれません。
バイクを降りると、今まで経験したことのない足の疲労感で足が攣る寸前です。相方が「走れ」と応援してくれましたが、走れないと答えるほどでした。走り出してからも歩こうかと思いましたが、何とか走らないと意味がないような気がして、無理して走ると少しだけ足が攣りました。ここで先日hondyさんにもらった梅丹があることに気づいたのでそれを口にして様子を見ていると直りました。
この2回目のランも激遅なのでせっかくバイクで抜かした人が次から次へと抜いていきます。中にはバイク早かったねと声をかけてくれる方もあり、皆の声援で走りきることができました。セカンドランは65位(ドベでした。)トータルでは44位でしたが、順位よりも完走できたので良かったです。
うれしいことにnaitoさんが優勝、ムーラさんも年代別優勝、ナカハタ君が年代別2位、ナカムーラさんが年代別3位と他のチームの皆も立派な成績でした。

これも友達やチームの仲間の応援があったからこそでした。感謝。

そして、夕方からはチームの忘年会で24名で優勝の祝賀会や就職祝いも含め皆で大騒ぎになったのは言うまでもありません。朝起きると断片的に記憶がなく、2日酔いでした。

おわり。
[PR]
by pinacooper | 2010-12-06 19:40 | ロードバイク