スタッフの旅に関するあれこれ(2割)と趣味の話(8割)


by pinacooper

自転車は人の命を乗せている。

土曜日は練習会に行ってきました。
初心者と言う方が2名いらっしゃったので、抑えて、無理せず、暑いのでTTもなし。
マロンの里では、水浴びで喜び、今日も一日楽しかった~。で終わるはずでした。

皆で一緒に走るにしても、集団落車だけは避けたいのでスピードが出る区間や、車の追いところなどはそれぞれのペースで走ってバラけるようにしているつもりです。

ショップに帰還して皆でダベリングしていると、いつもシンガリを勤めていただいているムーラさんが帰ってきません。少し気にはなりましたが、ベテランなので寄り道かな?程度にしか思っていませんでした。
しばらくすると、血だらけのムーラさんが帰ってきました。下りのスピードの出る区間で落車したようです。
ちょうど、ショップにいたアダッチさんに病院に連れて行ってもらいました。
さすがに、今回はショックでした。
自転車は人の命を乗せているということを改めて感じました。

そして、今一度、練習会での安全を考える時かもしれません。自分を鑑みても慣れたころが恐ろしいと言うことが当てはまるのかもしれません。
私達はレーサーではないので、事故なく楽しんでこその趣味ですので、無理はしないようにしたいです。
*ムーラさんが無理したと言うわけではなく、ムーラさんの場合はちょっとしたボタンの掛け違えと言うか、アクシデントだと思います。
でも事故は少しの偶然の重なりで起きるものだと思うので、予防できる範囲のことだけはしたいと思います。

ムーラさん、今はしっかり休んでしっかり治してください。元がスゲー方なので時が経てば笑って現れるのだと思いますが・・・。


追伸:私の情報によるとムーラさんは元気いっぱいのようです。関係者の皆さん、安心してください。
[PR]
by pinacooper | 2010-08-31 22:20 | ロードバイク